爆速HYDROID。

今回は蛸、HYDROIDのご紹介です。SAN値は十分か。

Primeになってもやはり海外の方には気持ち悪い触手の宿命なのか、あんまり名前を聞かないフレームですがこの子、とんでもない能力を秘めてます。

エイドロンやっていますか?わちきはやってませんでした。(爆

エイドロンで一番面倒なのは移動。アークウィングというものもあるけどコストは安いとは言い難い。Zephyrで空を飛びまわるのも良いのですが、他アビリティがつらいのでいざミッションになると使いづらい。

というわけでZephyrのメリットを摘み取りに来たHYDROID Primeです。早くDEはリワークとPrime化してあげて。

 

深海からやってきたHYDROIDです。Prime船長っぽくてカッコいいですよね。

今回はタイトル通り、エイドロンで使えるHYDROIDがテーマです。2番のTidal Surgeを連打して長距離移動します。

というわけで早速ビルドです。HYDROID primeは最初から4個も極性がついてるのでフォーマは二個で十分かと。

効率/時間を重視したビルドです。

・時間:時間が2番で進める距離と直結しますのでこのビルドで一番大切なモノです。なるべく多い方が良いですが、使いやすさと相談。

・効率:FEは時間がマイナスになるが、それでも消費エネルギーが50ととても大きいので連打の為にもなるべく入れたい。

・範囲:わちきは3番及び4番の使い勝手を熟慮して94%にしていますが、必要なければオミットは可能だと思います。

・威力:上に同じです。あまりHYDROIDはzerkよりCCに重き置いたフレームだと思っています。

・その他:エイドロン舐めたら死ぬので防御のMoD入ってます。シールドは素が525と多いので入れるならシールドかな、と思ってますがアバーッ!シールド枯渇モード!!サヨナラ!!ってこともあるのでお好みです。装甲もSARYN Pより少し多いですね。

・オプション:Streamlineを取っても消費エネルギーは13→20なので増強入れるのも良いと思います。

このビルドで各アビリティの威力はこんな感じです。

この58mという距離はこの位置から2番押すと

この位置まで一発で来れます。

これはSPEED新時代……。尚障害物にぶつかると止まりますが、空中発動がなんと可能です。どこに水あるんでしょうね。

・その他色々。

・1番:メテオを降り注がせます。

嘘です水の弾丸です。距離がこんだけ離れていても使えるので奇襲に◎。ランダムに降り注がせますが当たれば転倒しますのでCCにうってつけですね。尚、増強挿すと腐食がついてきます。

・3番:水溜まりでキャンプします。

トグル式ですがこの間無敵です。来た敵を溺れさせることもできます。

時間制限つきの機動防衛や発掘、傍受ではとても強いですが通常の防衛では水の中があまり喰らわなかったりして遅延になるのでやめましょ。

傍受用のビルドもあります。

一拠点必ず守るマンになれるのでVoid Dとかではクソ便利です。ただし放置判定に要注意。ZENISTARとか持ち出すとCCまみれでたーのしー!

・4番:奥の手です。……しかしZephyrのトルネードと比べたら出してはいけないっていう規則的に緩い気がします。

戦場がはちゃめちゃになります。仲間蘇生時などに。尚、3番から直接打てたりします。

というわけで軽いHYDROIDのメモ書きでした。こんなことより原稿しないといけないのですけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください